ブラックバス釣り

ブラックバス釣り

ブラックバス釣りは、バスフィッシングとして以前から人気がありましたが、テレビで人気タレント(キムタクや反町隆史など)がブラックバス釣りをしていたのがきっかけで一機にブレイクしました。

ブラックバス釣りの醍醐味は、なんといってもあの引きの強さ。それほど大きくないブラックバスであっても、釣り上げるときはグググッと引いてきます。まぁ、釣り上げた時にがっかりすることも少なくないですが・・・。

大物のブラックバスは、釣り人の間ではランカーサイズって呼ばれています。50〜60cmクラスですね。ランカーサイズは。
そんなにお目にはかかれませんが、釣り上げたときの感動は格別です。
ブラックバス釣りをしていてよかった〜なんて感激したりもするんですよ。

ブラックバスは生態系を壊す悪役として有名です。大きな口で何でも食べるので、自分の体の半分くらいの大きさの魚であれば、簡単に捕食してしまいます。ゆえに各自治体とも対策を練っているのですが、なかなか良い対策はありません。

一説によれば、釣り上げたブラックバスは、すぐにリリースされても死んでしまうか、早死にするケースが多いんだそうです。なので、ブラックバス釣りは、害魚駆除にも一役買っているということです。

最近は、ゲームでも釣りが楽しめます。ブラックバスのフィギュアなんかも実は結構人気があるそうです。ブラックバスとは直接関係ありませんが、ルアーなんかもコレクション対象になってますよね。ルアーマニアっているのかな??
いろんな楽しみ方がありますが、やっぱり一番は実際に釣り上げてみること。
あのオモシロさはもっといろんな人に体験してもらいたいですね。